ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの資格取得者の傾向

ケアマネージャーの資格を得た方というのは、どういった方が多いのでしょうか?

 

ケアマネージャーの資格は、介護保険を利用する方の増加に従って、受験者数もだんだんと増加していっています。

 

しかし、ケアマネージャーの資格を取るためには、5〜10年の実務経験が必要です。

 

若い方達も多くなってはいますが、実務経験が必要ですので、ベテランと言われる年代の方がキャリアアップとしてケアマネージャーの資格を取るケースが多いようです。

 

ケアマネージャーの資格取得者の男女の比率はほとんど変わらず、若干女性の方が多いというぐらいです。

 

実際に介護をするのではなく、ケアプランを作成することが主な仕事となるので、男性にも人気がある資格となっているようです。

 

ケアマネージャー資格取得者の大半は、今の状況からのキャリアアップのために勉強したという方が多くて、はじめからケアマネージャーになりたいと思っていた方はあまりいないようです。

 

というのは、ケアマネージャーには実務経験を積まなければならないこともあり、一度はホームヘルパー2級などの福祉関係の資格を取って、実際に介護の場で経験しなければならないからといった理由もあるようです。

 

ケアマネージャーという資格は、年に関係なくデスクワークが主な仕事となるので、何歳になっても仕事をすることが可能な資格です。

 

高齢化に突き進んでいる日本にとって、ケアマネージャーのニーズは増えるばかりです。

 

将来的には、さらに幅の広い年代の方がケアマネージャーの資格を取り貢献していくことになるのではないでしょうか?

ケアマネージャーの資格取得者の傾向関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの資格取得者の傾向