ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの資格取得方法

ケアマネージャーの資格を取るためには、どういう方法で取ればよいのでしょうか?

 

最初にケアマネージャーの資格を取るためには、受験資格があるか確認しなければいけません。

 

ケアマネージャーの資格はどなたでも取ることができるというわけではなく、実務経験が必要になります。

 

看護士・歯科衛生士・理学療法士・介護福祉士というような福祉関係の資格を所有しており、その資格の職務に5年以上の実務経験がなかったならば受験資格はありません。

 

この他にも、介護に10年以上携わったと認定された場合にも、受験資格を得られることとなります。

 

実務経験については、試験の前に証明書を提出する必要があります。

 

このような実務経験の証明書を提出してはじめて、ケアマネージャーの資格を取るための試験を受験することが可能なのです。

 

ケアマネージャーの試験は、都道府県別に毎年1回行われます。

 

さらにケアマネージャーの試験にパスした後は、実務研修も受けなければなりません。

 

実務研修を全部修了した時に修了の証明書が発行され、この時に初めてケアマネージャーとしての職務をすることが出来るのです。

 

ケアマネージャーの試験内容は広範囲であるために、スクールなどで勉強する方がたくさんいらっしゃるようです。

 

介護支援サービスや介護保険制度論・要介護認定方法論など、いろいろな分野から60問が出されることになります。

 

試験が合格した後で、さらに実務研修を受けなければ認定されないので、試験にパスしたからといって安心しないようにしましょう。

ケアマネージャーの資格取得方法関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの資格取得方法