ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの資格についての概要・種類

ケアマネージャーとして資格を取るためには、受験するためのいくつかの条件があります。

 

福祉・医療保険・の現場で5年以上の実務経験を積んでいること・介護の現場で10年以上働いたと認められることなどの条件があります。

 

上記の条件を満たしていなければ、ケアマネージャーの資格試験を受けることができません。

 

ケアマネージャー資格の試験に合格後には、都道府県が行う実務研修を受けなければいけません

 

この実務研修を全部修得した時に、初めてケアマネージャーとして勤めることが出来るようになります。

 

受験料は、各都道府県によって違いますが、7000〜9500円ほどとなっています。

 

ケアマネージャーの資格の試験内容というのは、介護サービスの認定の方法や介護保険・高齢者の支援に関してなどを学習しなくてはなりません。

 

ケアマネージャーの試験は毎年一回となりますが、合格率というのは約22%前後と難関になっています。

 

ケアマネージャーの試験はすごく人気がありますが、これまでの実務経験で学んだ知識などが活かされるすごくハイレベルな試験でもあります。

 

ケアマネージャーの資格の試験対策には、いろいろな試験対策やソフト問題集などが売られています。

 

ケアマネージャーの試験対策に大事なことは、最新の情報を入手するということです。

 

基本テキスト等は改定されることが多々あるので、いつもチェックをしておかなければいけません。

 

広範囲の知識が質問される試験ですから、きちんとした勉強が必要となります。

ケアマネージャーの資格についての概要・種類関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの資格についての概要・種類