ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの意義・重要性

ケアマネージャーという職種は、高齢化に向かう日本にとっては必要不可欠で重要なお仕事のひとつです。

 

2000年に介護保険が定められたことによって、新たな社会保険で介護が行われるようになりました。

 

ご家族の方の負担を可能な限り少なくし、その上介護を社会全体で受け持っていこうとするものが介護保険なのです。

 

ケアマネージャーの資格は、その介護制度の中心に存在するものであり重要な立場にあります。

 

ケアマネージャーがメインとなって、介護を受ける方やご家族が直面している問題を打開しながら、一番合ったケアプランを立てなければいけません。

 

そうする為には、ケアマネージャーの方が個々の介護現場に足を運ぶ必要があります。

 

そのようにすることで、ひとりひとりに合ったベストなケアプランを作ることが出来るのです。

 

ケアマネージャーという職業は、他の福祉の仕事と比較しても評価されており、福祉や介護の分野では中心に位置する資格でもあります。

 

ケアマネージャーの資格は容易に取ることはできず、資格を持っている方によっても違ってきますが5〜10年の実務経験が必要だとされています。

 

資格を取得した後にも、研修を受講しなければならない大変に難しいものとなっています。

 

どなたでも簡単にケアマネージャーの資格を取得できるというわけではないということからも、その必要性が分かるのではないでしょうか?

 

介護保険を利用する方やご家族のこれからの人生を決定することになるかもしれないケアプランの立案を受け持つケアマネージャーという職業は、とても有意義なお仕事でもあるのです。

ケアマネージャーの意義・重要性関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの意義・重要性