ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーという言葉はたびたび聞きますが、いったいどのような業務をするのでしょうか?

 

ケアマネージャーというお仕事は、介護保険の適応者に対してその方にぴったりのケアプランを立てることにあります。

 

介護に携わる職員や、利用者・ご家族との結びつきなど、中立に立って考えなければならない大切なお仕事となります。

 

ケアマネージャーの資格所有者として働く為には、福祉や医療分野の有資格者で5年以上の実務経験が必要です。

 

このような実務経験を活かして、ケアマネージャーとして仕事をしていくことになります。

 

ケアマネージャーという職種は受験資格が大変に厳しくなっており、容易に出来る仕事ではありません。

 

要介護認定を受けた方が対象となりますが、その方が今後の生活に最も適していると考えられるケアプランを立てていかなければなりません。

 

本人の願いやご家族の望みなど要点はたくさんありますが、両者の意見を合わせながら福祉の関連業者の方ともうまく話しあっていく必要があります。

 

ケアマネージャーには、たくさんの手続きや事務作業なども要求されます。

 

基本的には、ケアプランの作成や書類作成等の事務作業が中心の業務となるので、デスクワークが中心となります。

 

ケアマネージャーという職業は、介護保険の適応者やご家族にとってはこれから先の人生を決定づけるほどのとても重要な職務となります。

 

介護サービスが始まった後はほったらかしにせずに、自宅を訪問し、今のプランが適しているかどうかのチェックなども行うことになります。

 

必要に応じて、ケアプランの手直しなどにも対応しなければなりません。

ケアマネージャーの仕事内容関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの仕事内容