ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーになるルート

ケアマネージャーの資格を持っている者として業務をするためには、一体どのようにすればよいのでしょうか?

 

ケアマネージャーになるためには、いろいろなルートがあるので順に見ていきましょう。

 

ケアマネージャー資格を受験する為には、定められた年数の実務経験が必須となります。

 

看護士や医師などの特定の国家資格保持者・老人福祉施設や障害者施設などの相談援助業務の経験がある方・介護の業務に経験のある方は、5年以上の実務経験が不可欠となります。

 

上記の資格のない方は、10年以上であり1800日以上の実務経験が必要となります。

 

なのでケアマネージャーになろうと思えば、介護についての仕事や経験を積んでからでなければ資格を取得することは不可能だというわけです。

 

ケアマネージャー資格を取ろうと思うならば、最初に介護の仕事からしてみるようにしましょう。

 

たとえば、今ホームヘルパー2級等で勤務されている方のスキルアップとして、ケアマネージャーの資格を取得するという方も多くなっています。

 

ケアマネージャー試験に合格した後は、32時間以上の実務研修を受講しなければなりません。

 

実務研修を全部受けて初めて、各都道府県より登録証明書が発行されます。

 

この登録証明書がなければ、ケアマネージャーとして勤務することは出来ません。

 

ケアマネージャーの受験資格を満たすためにはいろいろな方法があるので、貴方にとってどの方法がもっともよいのかよく考えてみましょう。

 

様々な医療や介護の現場で実務を積んでから、ケアマネージャーを志す方が大半のようです。

ケアマネージャーになるルート関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーになるルート