ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーに求められる能力

介護支援専門職員であるケアマネージャーに期待される能力とは、いったいどのような能力なのでしょうか?

 

介護認定を受けた方に対して、介護サービスのプランを作ったり介護保険による認定作業の調査というようなことが業務となりますが、ケアマネージャー資格にはそのようなケアプラン作成の能力が必要とされます。

 

介護計画について、それを計画を練る能力や管理する能力が重要であるということです。

 

介護に関しての専門知識は当然必要となりますが、それよりも利用者や家族とのコミュニケーション能力等も必要とされます。

 

ケアマネージャーのお仕事というのは、ご本人やそのご家族が今よりも快適な生活を送ることが可能なようにしていかなければなりません。

 

両者の主張が違っている時には、それを整合する能力も必要とされることでしょう。

 

ケアマネージャーにはこの能力というだけではなく、柔軟に対応することが出来るいろいろな能力が必要とされているのです。

 

この他にも、ケアマネージャーにはパソコンの前に座って業務をする事務作業が多くなります。

 

いろいろな書類等も作らなければならないので、初歩的なパソコン操作は習得しておくようにしましょう。

 

トラブルになった際にはそれを避けるための能力が必要となってきますが、トラブルのほとんどはコミュニケーションが十分できてなくて発生するものです。

 

日常から、ご本人やご家族とのコミュニケーションを計っておくということも大事なことです。

 

ケアマネージャー資格所有者に求められる能力はたくさんありますが、利用する方が快適に介護を受けることが可能なようにすることが最も重要なことではないでしょうか?

ケアマネージャーに求められる能力関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーに求められる能力