ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーの職場

ケアマネージャーの資格を取れたら、一体どのような職場で働くことになるのでしょうか?

 

ケアマネージャーの資格を取ると、いろいろな場所で仕事を行うことができます。

 

たとえば、福祉事務所あるいは市町村の役所の福祉課などの公的な機関や、有料老人ホームまたは居宅介護支援事業所等の民間福祉機関などがあります。

 

この他にも、介護保険施設や生協・農協などに勤務することも可能です。

 

各勤務先によって、勤務時間も違ってきます。

 

この様にケアマネージャーの資格を取ることで、貴方のライフスタイルにピッタリの働き方が可能だということもケアマネージャーの資格を持つメリットでもあります。

 

ケアマネージャーとして資格を取得した後により一層経験を積むことで、ゆくゆくは独立を計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

居宅介護事業所として独立をするために、ケアマネージャーを雇用する方もいらっしゃいます。

 

ケアマネージャーのお仕事というのはケアプランを作るのが主な作業となるので、デスクワークが主体となります。

 

個々の老人ホームや事業所の事務所等で勤務することが多いようです。

 

介護保険を受ける方のケアプランを練るためには、それぞれの家庭に伺う必要もあるので、都合によっては夜間や休日などに出勤する場合もあるそうです。

 

女性は特に結婚や出産などで仕事を辞める場合もありますが、ケアマネージャーの資格を取得していることで再就職も楽になります。

 

福祉関係の大手企業に勤務するケアマネージャーも多くなっているようです。

 

ケアマネージャーとしての資格を保有していることで、いろいろな勤務の仕方や働く場所を選ぶことが可能なのです。

ケアマネージャーの職場関連エントリー


ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーの職場