ケアマネージャーになるためのガイド

ケアマネージャーって?

ケアマネージャーのニーズ
ケアマネージャーという職業は、今後さらに高齢化社会へと向かっていく日本にはなくてはならない大事な仕事です。高齢者や介護が必要になった方のケアプランを立てるケアマネージャー資格取得者の需要は、これからももっと増えていくことでしょう。ケアマネージャーの業務というのは、現場で仕事するというよりも電話相談や事務作業などのデスクワークがメーンとなります。ですので、高齢になっても継続することが可能な仕事であり、功績があればあるだけ需要も高くなる資格です。昨今、要介護の方は大変に多く、これからも間違いなく増加...
ケアマネージャーの給料・初任給
介護職という職業は、一基本的に給料が少ないと言われています。ではケアマネージャーとして働くと、給料や初任給ははたしていくらぐらいになるのでしょうか?ケアマネージャーというのは国家資格ではなくて、都道府県が主催となって試験や研修を受ける任用資格です。ケアマネージャー資格保持者の平均年収は370万円ほどだとされており、賞与も支給されるところが大多数で、安定している職種と言えるのではないでしょうか?ケアマネージャーの初任給は、勤務する場所や規模によってもずい分違いがあるようですが、少ないところでは手取...
ケアマネージャーに向いている人
高齢者や要介護の方の、今後の生活設計を練ることがケアマネージャーのお仕事ですが、ではそんなケアマネージャーに適している方というのはどのような方なのでしょう?かケアマネージャーというお仕事は、介護を受ける方の今からの人生を決定させる重要な仕事ですから、まず使命感を持っていなければなりません。ご本人や家族の間で意見が分かれるような際でも、ケアマネージャーは片方の意見だけを聞くのではなく中立的な立場を守らなければならないのです。中立的なポジションに立って両者の考えをまとめながら、うまくケアプランを作成...
ケアマネージャーに求められる能力
介護支援専門職員であるケアマネージャーに期待される能力とは、いったいどのような能力なのでしょうか?介護認定を受けた方に対して、介護サービスのプランを作ったり介護保険による認定作業の調査というようなことが業務となりますが、ケアマネージャー資格にはそのようなケアプラン作成の能力が必要とされます。介護計画について、それを計画を練る能力や管理する能力が重要であるということです。介護に関しての専門知識は当然必要となりますが、それよりも利用者や家族とのコミュニケーション能力等も必要とされます。ケアマネージャ...
ケアマネージャーになるルート
ケアマネージャーの資格を持っている者として業務をするためには、一体どのようにすればよいのでしょうか?ケアマネージャーになるためには、いろいろなルートがあるので順に見ていきましょう。ケアマネージャー資格を受験する為には、定められた年数の実務経験が必須となります。看護士や医師などの特定の国家資格保持者・老人福祉施設や障害者施設などの相談援助業務の経験がある方・介護の業務に経験のある方は、5年以上の実務経験が不可欠となります。上記の資格のない方は、10年以上であり1800日以上の実務経験が必要となりま...
ケアマネージャーの仕事内容
ケアマネージャーという言葉はたびたび聞きますが、いったいどのような業務をするのでしょうか?ケアマネージャーというお仕事は、介護保険の適応者に対してその方にぴったりのケアプランを立てることにあります。介護に携わる職員や、利用者・ご家族との結びつきなど、中立に立って考えなければならない大切なお仕事となります。ケアマネージャーの資格所有者として働く為には、福祉や医療分野の有資格者で5年以上の実務経験が必要です。このような実務経験を活かして、ケアマネージャーとして仕事をしていくことになります。ケアマネー...
ケアマネージャーの勤務時間
ケアマネージャーの資格を取得した方の勤務時間は、ほかの福祉関係の仕事とは違って、宿直や夜勤などはなくて平日の日勤が一般的な勤務時間となっています。しかし利用者のご自宅を訪問する時には、利用者やその家族の事情に合わせて夜間や休日を使って訪問することもあります。また、緊急の相談があった時には、勤務時間以外でも出勤しなければならない時もあります。基本としては日勤の形になりますが、ケースによってはその時その時で対応しなければならないということになります。勤務をする介護施設のサービスなどによっては、非常勤...
ケアマネージャーの役割
高齢化社会に進んでいる日本にとって、ケアマネージャー資格が担う任務とは、一体どのようなものなのでしょうか?ケアマネージャーの仕職務というのは、介護保険利用者にとって生活を改善させるケアプランを作ることにあります。単にケアプランを作るのではなく、ご家族やご本人が背負っている問題や悩みなどを順番に解決していかなければなりません。個人によって介護の状況や状態などは違うので、その方に一番合ったケアプランを作らなければなりません。ケアマネージャーが作成するケアプランというのは、利用者からすればとても大事な...
ケアマネージャーの意義・重要性
ケアマネージャーという職種は、高齢化に向かう日本にとっては必要不可欠で重要なお仕事のひとつです。2000年に介護保険が定められたことによって、新たな社会保険で介護が行われるようになりました。ご家族の方の負担を可能な限り少なくし、その上介護を社会全体で受け持っていこうとするものが介護保険なのです。ケアマネージャーの資格は、その介護制度の中心に存在するものであり重要な立場にあります。ケアマネージャーがメインとなって、介護を受ける方やご家族が直面している問題を打開しながら、一番合ったケアプランを立てな...
ケアマネージャーの職場
ケアマネージャーの資格を取れたら、一体どのような職場で働くことになるのでしょうか?ケアマネージャーの資格を取ると、いろいろな場所で仕事を行うことができます。たとえば、福祉事務所あるいは市町村の役所の福祉課などの公的な機関や、有料老人ホームまたは居宅介護支援事業所等の民間福祉機関などがあります。この他にも、介護保険施設や生協・農協などに勤務することも可能です。各勤務先によって、勤務時間も違ってきます。この様にケアマネージャーの資格を取ることで、貴方のライフスタイルにピッタリの働き方が可能だというこ...

ケアマネージャーについて詳しく解説しています

Copyright (C) 2010 ケアマネージャーになるためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ケアマネージャーって?